会社設立代行について

会社設立をして事業を法人化することは、
信用を得られるというメリットがありますよね。
しかし、会社を設立する場合には、
会社の目的などを記載する書類を作成したり、
提出したりする手続が必要になるものです。
そのような手続きを代行して行ってくれるのが、
会社設立代行なんですね。
正式な書類である定款など会社を登記する際に
必要になってく各種書類の文面は、
専門書を参考にすると作成できるものですが、
何かしら不明な点も出てくるものです。
間違いが判明するのは、法務局に出向いて
アドバイスをいただくときになるので、
再び作成することになるものなんですね。
会社設立代行をお願いすることで、
このような書面を正式に作って提出して
もらえるんですね。
また、費用の面でも会社を登記する場合に
定款に貼る収入印紙に4万円かかるものです。
ところが、会社設立代行をお願いすると、
収入印紙が不要とされる電子定款での登記が
できるものなんですね。
会社設立の際には、会社設立代行に
お願いするという方法もあるんですね。